鉄製ベランダが溶接補強で復活!

鉄製ベランダを溶接補強してから塗装するよ♪

こんな工事もお請けしますよ♪

この年式の鉄骨ベランダや鉄骨階段よく見かけますよね。皆さん諦めて放置しがちです。リフォーム屋さんに相談すると「ベランダの全交換」のプランしか提案してくれません。ゼンタロウくんは、「全交換プラン」と

「溶接補強と鉄部塗装のプラン」の2種類を毎回提案しています。溶接補強すればあと15年20年は安心して使用できます♪全交換プランの半額以下で施工できますよ。画像は補強前のグラついている床部分です。ベランダを下から見ている画像です。

これだけの大きな鉄製ベランダですから全交換だと150万以上は必要になります!危険部分の溶接補強とベランダ全塗装なら30~45万円位で可能。

放置期間が長いと補強が増えて予算が大きくなってしまいます。

奥で作業しているのは、シューゼンの川田店長です。お家の全塗装は、シューゼンの全塗部門の塗装職人がいきますが、部分工事などは川田店長と山本社長が中心となって作業します♪

急な予定で、作業日が変更になることもありますが地元の皆様やさしいので許してくれます(笑)

赤線の部分に新しい梁と筋交いを溶接して補強。ベランダの錆の進行防止に鉄製ベランダを全面塗装しました。

これでベランダで飛び跳ねても大丈夫です。

※耐震性で考えても鉄骨ベランダや鉄骨階段は補強が必要です。

強度の落ちた状態で大きく揺れた場合には、鉄骨ベランダや鉄骨階段が変形してしまい、建物の壁に大きな損傷を与える心配があります。