ガルバリウム鋼板 アスファルトシングル スレート 瓦 断熱。 屋根裏が暑いときにはどうすれば良い?
外壁塗装 横浜 中区 西区 保土ヶ谷区 南区 磯子区
屋根のカバー工法はシューゼンにお任せ。

外壁塗装だけではありません。防水工事や屋根のカバー工法による工事もお任せください。

屋根工事はカバー工法で!

 

スレート屋根の劣化

新築の戸建て住宅ではスレートを使用している住宅が多く、激しい色あせ・変形・割れ・防水性の低下などの症状が発生します。その為に築10年で一度目の塗装が必要になります。

 

 

三度目の塗装は原則NG!

不思議に思うかもしれませんが、スレートは塗り重ねることにより「雨漏り」が発生することがあります。分厚く塗膜が残ることにより、雨水の流れが悪くなり、思わぬ部分から雨漏りが発生します。※業界用語でいう「縁切りが出来ていない状態」に陥ります。一度目の塗装の仕方によっては、二度目の塗装もできないことがあります。

 

スレートアスベスト問題!

以前のスレートにはアスベストが含まれていました。もちろん製品化されている状態なので、健康には問題ありませんが、「解体時」または「葺き替え時」などにスレートを割ることによりアスベストが飛散します。スレートは、やがてノンアスベスト製品の時代に突入しますが、ノンアスベストにすることにより、スレートの強度は著しく低下しました。塗装が出来ないくらいに築7~8年でボロボロに劣化してしまう品物も存在します。

 

 

葺き替えは、とにかく高い!

スレート屋根を剥がして「葺き替える工事」の場合、剥がしたスレートの処分費はもちろん、工期も長くなるために工事費は高額になります。

 

 カバー工法で問題解決!

築30年を超えている。今までに二度屋根塗装をしている。葺き替えは高額過ぎる。これらを解決するのが「屋根のカバー工法」です。工期も短く、遮音性・断熱効果も期待できます。

 

種類も豊富

カバー工法で使用できる屋根材の種類は豊富にあります。近年の新築住宅で使用されているアスファルトシングルという屋根材が一番人気です。柔らかい素材なのでスレートのような割れが発生しません。費用対効果は抜群です。

横浜 塗装 横浜シューゼン ペンタくん

 

見積で屋根には上がりません

 

横浜シューゼンは、激しい雨漏りがある場合を除いてお家の屋根には上がりません。お家の屋根のクラックや変形は、築10年前後であれば、どのお家でも発生しています。重要なのは、防水性を失った屋根を放置せずに塗装により防水性を向上させることです。

【注意してください】

無料点検と称してお家の屋根に上がりたがる業者は、訪問販売系の営業会社です。大げさな指摘をされたり、必要以上に高額な工事を強引に勧められることがあります。

屋根カバー工法の相場

横浜市中区 西区 保土ヶ谷区で屋根の被せ葺き(カバー工法)は横浜シューゼンにお任せください。2017年より南区 磯子区の工事も積極的にお請けします。屋根には、それぞれ個性があり、痛みの度合いや使用されている既存の屋根建材や屋根の形状により、価格が大きく異なります。横浜シューゼンでは、屋根の被せ葺き(カバー工法)・屋根の葺き替えどちらの場合でも無料でお見積りいたします。

被せ葺き(カバー工法)にも種類があります

googleマップで確認。カバー工法の屋根材には、多くの種類があります。皆様ご存知のガルバ鋼板の屋根材。アスファルトシングルという柔らかく遮音性に優れている屋根材。銅板や洋瓦など種類も豊富です。近年では断熱に優れた高級屋根材ルーガも人気上昇中です。カバー工法の施工手順は、どのような屋根材を使用しても大きな相違はありません。横浜でのカバー工法は横浜シューゼンに相談したください。

横浜の塗装工事でリフォームローンが使えます。横浜シューゼンはオリコの正規特約店です。横浜で外壁塗装をご検討の皆様、お支払いは横浜シューゼンにご相談ください。

ガルバリウム鋼板 横暖ルーフ ※断熱屋根材

鋼板の裏側に断熱材が入っている屋根材です。ガルバリウム鋼板屋根材の代表的な商品です。

ガルバニウム鋼板の被せ葺き(カバー工法)工事。築15年。外壁はレンガ張りのお家。既存の屋根は一般的な薄型スレート。紫外線劣化により本来は黒いスレートが全体的に白くなっています。

棟押えとヌキ板を撤去した後に、ガムルーフィング(粘着防水)をスレートの上に貼ります。※遮音・断熱効果を高めるときには、野地板を増し張りしてから防水シートを貼ります。

端部の部材をとりつけ、カバールーフを固定していきます。見えている木材は、新設したヌキ板です。

カバールーフの固定を進めていきます。

ヌキ板の上に棟押えを取り付けて、雨樋も同系色のグリーンに全交換していろを統一して屋根の重ね葺き(カバー工法)完了。よくお客様から、被せるだけだから簡単でしょ?と言われます。とんでもないです。とてもデリケートな工事です。

シングルルーフ ※近年、新築・リフォームで大人気

柔らかく柔軟性のある素材。新築・リフォームともに人気の屋根材です。野地板を重ね貼りすることにより遮音性・断熱性を向上させることができます。雨天時、ガルバ屋根材と比べ雨音が気にならないのも特徴です。

シューゼンで重ね葺きをするか、プロテクトで重ね葺きをするか。口コミや評判を調べてみよう。

シングル屋根材の雰囲気は下のアップの画像をご覧ください。シューゼンで施工した保土ヶ谷区の保育園の屋根です。不規則に並んだデザインと色の濃淡が良い雰囲気を出します♪

シューゼンで重ね葺きをするか、プロテクトで重ね葺きをするか。口コミや評判を調べてみよう。

最高級断熱屋根材 ルーガ

最高級のリフォーム断熱屋根材です。外観的には瓦調の重厚感があり日本らしさを演出するデザインです。断熱性・遮音性に優れています。

シューゼンで重ね葺きをするか、プロテクトで重ね葺きをするか。口コミや評判を調べてみよう。

外壁の塗装を横浜市中・磯子区でするなら横浜シューゼンにお任せ。相場の確認や色のイメージもお尋ねください。
外壁の塗装を横浜市西・南・神奈川区でするなら横浜シューゼンにお任せ。相場の確認や色のイメージもお尋ねください。

外壁塗装 横浜

中区 西区 保土ヶ谷区 南区 磯子区

 外壁塗装・屋根塗装を考えるなら

 

有限会社 SYU‐ZEN

 

会社設立 2003年

本店 横浜市中区大和町1-13

支店 横浜市西区藤棚町1-95

支店 横浜市南区 出店計画中

横浜シューゼンの会社案内 設立年月日 店舗住所案内 スタッフ紹介。 
横浜市中区の外壁塗装と屋根塗装 仕上がりのイメージ。横浜市中区の外壁塗装施工エリアは、山元町、山手町、大和町、矢口台、簑沢、豆口台、本牧元町、本牧緑が丘、本牧満坂、本牧間門、本牧町、本牧原、本牧三之谷、本牧大里町、本郷町、本牧荒井、根岸町、西之谷、仲尾台、西竹之丸、塚越、寺久保、立野、千代崎町、諏訪町、滝ノ上、竹之丸、鷺山、池袋、上野町、打越、大芝台、柏葉、北方町、小港町。
横浜市西区の外壁塗装施工エリアは、藤棚町、東久保町、西戸部町、戸部本町、戸部町、中央、浅間町、浅間台、境之谷、御所山町、久保町、楠町、霞ヶ丘、伊勢町。
横浜市保土ヶ谷区の外壁塗装 仕上がりのイメージ。横浜市保土ヶ谷区の外壁塗装施工エリアは、法泉、仏向西、仏向町、初音ヶ丘、常盤台、月見台新桜ケ丘、桜ケ丘、坂本町、境木本町、境木町、権太坂、神戸町、霞台、帷子町。
鉄部塗装 木部塗装 チョコットした部分塗装。
擁壁が汚い!擁壁塗装はどんな塗料?擁壁塗装の費用。よう壁塗装DIY。ヨウヘキ美観回復。ようへき崩壊。
雨漏りしてからでは大変です。屋上防水は早めに!防水の費用は防水工事の種類により様々です。雨漏りが始まってからでは高額な工事になることがあります。
大工工事 内装工事 水道工事 ガラス工事 などなど。とりあえずご相談ください。